2011年

3月

01日

PHOTO ZINE 『Snoof』創刊

 

全国各地で「工場夜景萌え」の人気が高まっているなか、小名浜の臨海工業地帯をフィーチャーしたPHOTO ZINE 『Snoof』がこのたび誕生した。企画・編集は、弊誌編集長の小松理虔、アートディレクターにはドローイングアーティストの丹 洋祐。限定20部という少数発行となっており、今回は、いわきフラオンパクのイベント参加者にのみ無料で贈られた。

 

ページ構成は表紙を入れて24ページとそれほど重厚な作りではないが、随所に小名浜の夜を彩る工場の夜景が紹介され、美しいビジュアルを前面に押し出した作りになっている。日本海水や小名浜製錬所といった工場の紹介もあるので、小名浜臨海工業地たちの観光ガイドとしても機能しそうだ。

 

 

wirework by Yosuke Tan

 

ページのちょうど真ん中には、丹 洋祐のドローイング作品(上)が、また、弊誌tetoteのエッセーコーナーでも紹介されたN.Hirokoさんのエッセーも紹介されるなど、単純なPHOTO ZINEの枠に留まらない作りが目指されている。今のところ、イベント参加者への限定配布となるが、小名浜の魅力をさらに掘り下げるPHOTO ZINEとなっているだけに、正式な創刊が待たれるところだ。

 

 

 

Snoof vol.1 -Onahama Night Cruising-

A5版 20ページ / 非売品

企画・編集・構成 小松理虔

アートワーク・アートディレクション 丹 洋祐

発行 UDOK

 

◀ PREV  /  NEXT ▶

コメント: 2
  • #2

    うえい (土曜日, 26 3月 2011 22:11)

    ・・・すごい!!
    吸い込まれるような美しさですね。

    何故こんなに感動的なんだろう?
    ・・・気になる。

  • #1

    petitvallee (日曜日, 06 3月 2011 22:19)

    いいな、いいな!ほしーな、ほしいな!