2012年

4月

24日

音の表現者、東西南北より集う

 

小名浜在住のDJ ATOMICが企画するアンダーグラウンドヒップホップのイベント「東西南北」が5月5日、いわき市平のまきばダンスで開催される。東西南北所かまわず音で表現する人間たちの音の競演。ぜひ五感全開で体感して欲しい。

text by Riken KOMATSU

 

東西南北。全国各地、所構わず己の表現を貫く表現者のパフォーマンスを体感して欲しいと開催される音の競演。今回は、昨年10月、いわき市平の満月堂で開催されたのに引き続いての第2回目となる。京阪神を中心に、その洗練された選曲が高い評価を受けているDJ Pwu、そして前回に引き続き仙台よりDJ KAMATANをゲストに、双葉町出身のDJ JUNK、南相馬市鹿島出身のMC DUM DA MADらが脇を固める豪華な布陣となっている。

 

オーガナイザーのDJ ATOMICは、桜の名所で知られる双葉郡夜ノ森の出身。震災以降も、避難してきた小名浜で自らの音の精度を高め、仲間たちと連携を取りながら定期的に音楽イベントを開催している。昨年は、小名浜のオルタナティブスペースUDOK. でも音楽イベント「雨読ノ毒」の開催に尽力した1人だ。震災によって表現の場を奪われた形となっているが、新天地で野心的なイベントを次々に開催している。

 

小名浜のアーティストたちとのコラボレーションにも貪欲で、今回のフライヤーは、tanscape、高木市之助、フィル・ベイリーといったUDOK.在籍の絵描きたちが制作にあたっている。「音楽だけでなく、新しいカルチャーを発信していくことを強く意識している」とATOMIC。どこに住んでいようと、自らの本能の赴くまま表現を重ねていく。その姿はまさに「東西南北」を体現していると言えよう。ATOMIC自身のプレイにも注目だ。

 

全開同様、アンダーグラウンドで黒い音がメインだが、2人のゲストDJはいずれも表現の幅が広く、さまざまなジャンルの音楽で会場を制圧することで知られるDJだけに、どんな音づくりが展開されるのか注目だ。また、普段はレゲエバーとして営業しているまきばダンスという空間がどう変化するのか。会場の雰囲気もぜひ楽しんで欲しい。

 

information

東西南北

日時:2012年5月5日  20:00 START

会場:まきばダンス

料金:¥2,500

 

◀◀ PREVIOUS  /  NEXT ▶▶