HOME  >  小名浜味わい食堂  >  昇龍

小名浜味わい食堂

中華料理 昇龍


 

味があるとか、味わい深いとかと人は言う。

この時の「味」というのは、料理のおいしさと同じではもちろんない。

時代に取り残されたかのような古美た(ふるびた)店に歴史が刻まれ、

そこで交わされてきた人の体温が感じられて始めて「味」がするのである。

 

昇龍は、そんな味だけが静かに息づく中華料理店。

ここで交わされるのは、「サービス」というようなものではなく、

もしかすると、「あいさつ」とか「呼吸」とか、そういうものかもしれない。

だから、取材なんて野暮だなと思って、注文をした。

 

豪奢な店構えでもない。気のきいたサービスがあるわけでもない。

タウン雑誌に情報が載ることもなければ、行列ができるわけでもない。

しかし、シンプルに作られた料理はどれも日本人の口に合う。

中華料理ではない、日本の家庭料理の味だ。

特段愛されもせず、もてはやされもせず、

適当な距離感を保てたからこそ、この店は今でもここにあるのだろう。

 

なんの放送かもわからないようなテレビの音声を耳の端に感じながら、

時々外を通る車の音と、厨房の奥から聞こえる大将の鼻歌を聞きながら野菜炒めを食べた。

そして、大瓶のキリンラガーを口に運ぶ。

思わずニヤけてしまう。この店の「味」が、そうさせるのだろう。

 

 

中華料理  昇竜

住所:小名浜君ケ塚町17-3

営業時間:11時〜20時(大将いわく年中無休)

おすすめ料理:肉ニラ炒め、野菜炒め、餃子、五目焼きそば

お店の価格帯:ラーメン430円、野菜炒め定食600円ぐらいなのでリーズナブル