2012年

11月

11日

慶応大学三田祭トークセッション「RE:LOCAL」

posted on 2012.11.11 / text by Riken KOMATSU


 

tetoteonahama編集長の小松理虔が、11月23日に行われる慶応義塾大学三田祭のトークイベント「RE:LOCAL」に出席いたしますので、そのお知らせを。

 

このイベントは、福島出身の大学生などで組織された団体「TEAM iups」の主催で行われるもので、「RE:LOCAL」をテーマに、陸前高田市の「りくカフェ」を設計・運営する建築家の成瀬友梨さんと猪熊純さん、そして小松理虔の3人がトークセッションを行います。

 

震災からすでに1年8ヶ月が経とうとしていますが、トークセッションでは、被災地で強まる「ローカル」の再定義問題を中心に、ローカルの価値、ローカルから学ぶべきものなどについて解説しながら、学生たちと意見を出し合います。

 

成瀬、猪熊両氏とも、現代の若手建築家の筆頭として幅広い活動をしており、この2人の話に小松がどこまで食らいついていけるかは未知数ではありますが、UDOK.の運営を通して見てきたものをシンプルにお話できればと思います。ぜひお越し下さい。

 

 

information

トークセッション「RE:LOCAL」

日時:2012年11月23日(金/祝)13:00〜15:00

会場:慶應義塾大学 三田キャンパス(355A教室)

定員:50名

主催:TEAM iups

ゲスト:成瀬友梨、猪熊純、小松理虔

モデレーター:西丸亮(TEAM iups)

※参加は要予約

https://ssl.form-mailer.jp/fms/756f3a64218545

 


guest's profile

成瀬 友梨 Yuri NARUSE

1979年 愛知県生まれ。2007年東京大学大学院博士課程単位取得退学。2005年成瀬友梨建築設計事務所設立。2007年より、猪熊 純氏とともに成瀬・猪熊建築設計事務所。2009年~東京大学助教。主な作品に、ROOM101(2006年)、ひとへやの森(2008年)。主な展覧会に、「Hiroshima 2020 Design Charrette」(2010年)、「集まって住む、を考えなおす」(2010年)。主な受賞に、グッドデザイン賞(2007年)、WORLD Space Creators Awards 大賞(2007年)、INTERNATIONAL ARCHITECTURE AWARDS (2009年)ほか

 

猪熊 純 Jun INOKUMA

1977年 神奈川県生まれ。 東京大学大学院修士課程修了後、千葉学建築計画事務所を経て 、成瀬・猪熊建築設計事務所共同主宰。現在、首都大学東京助教。建築はもとより、プロダクトからランドスケープまで、様々なデザインを行う。近年では、場所のシェアの研究を行い、新しい運営と一体的に空間を作ることを実践。コワーキングスペース・シェアハウスなどを設計中。
INTERNATIONAL ARCHITECTURE AWARDS 2009 、グッドデザイン賞2007 など、受賞多数。

 

 

◀◀ PREVIOUS / NEXT ▶▶

 

FOLLOW ME

EDITOR's TWEET


コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    iups (水曜日, 21 11月 2012 02:43)

    小松理虔様

    ご無沙汰しております、TEAM iupsの西丸です。
    三田祭のイベントの掲載をして頂き、誠にありがとうございます。
    当日お会いできることを楽しみにしております。

    TEAM iups 西丸